薄毛の原因となるAGAを発症する理由とは

ご自身にベストな治療法を選ぶために、
AGAが発症する仕組みを知ってください。

ほとんどの薄毛の原因はAGA。
どんな人がなぜ発症するのでしょうか。

-AGAは、成人男性の3人に1人が発症するといわれています。

AGAは男性型脱毛症の略です。成人男性の3分の1が発症すると言われており、薄毛の原因のほとんどがAGAと言っても過言ではありません。AGAはそれほど身近な問題ということです。それでも、髪を作る細胞で何が起きているのかは、ご存じない方もいるかもしれません。下の図解をご覧ください。

薄毛の原因AGA

AGAの影響によるヘアサイクルの変化

AGAの影響によるヘアサイクルの変化図

通常の髪は、2年半から6年半という寿命を遂げて抜け落ちていきます。髪が生まれてから抜け落ちるまでの一つのサイクルを、ヘアサイクルと呼びます。髪が伸びる成長期は2年から6年。成長が止まる退行期が約2週間。3〜4ヶ月の休止期を経て髪が抜け、再び髪が作られます。
AGAを発症するとこのサイクルが壊れていき、成長期が極端に短くなってしまいます。せっかく伸びかけても成長しきる前に退行期に入ってしまうので、力のない細い髪が目立つようになります。AGAが進行するとどんどんヘアサイクルは短くなり、毛母細胞は髪の生産をやめてしまいます。

AGA発症のメカニズムの図

男性ホルモンが影響するので、
男性型脱毛症と呼ばれます。

男性ホルモンが変化したDHTが原因

AGAが発症する引き金となるのは、男性ホルモンのテストステロンが変化したDHTという物質。これが毛母細胞の受容体にキャッチされると、脱毛因子であるタンパク質が作られ、ヘアサイクルを短くする命令が出ます。
受容体の活性条件は詳しくわかっていません。DHTは、5α還元酵素という酵素によって代謝された時に作られるので、DHTの生産条件は5α還元酵素の量に影響されます。5α還元酵素の活性は遺伝することがわかっています。しかし、その他の要因も考えられるので、これも詳しくはわかっていません。
薬剤による治療とは、「男性ホルモン、DHT、5α還元酵素、受容体、脱毛因子のタンパク質」そのいずれかを抑制するというアプローチする方法です。しかし、そもそも解明されていない点が多く、現在の薬剤治療にできるのは進行の抑制のみで、根本的な治療には至っていません。

遺伝的に大丈夫でも安心できない脱毛プログラム説

また、現在では脱毛は遺伝子にプログラムされており、加齢やストレス、生活習慣が誘因になってAGAを発症するという脱毛プログラム説も一般的になっています。まるでがん細胞のように誰もがAGAの発症リスクを抱えており、何かのきっかけでスイッチが入ってしまうとAGAを発症してしまうのです。いずれにしても、AGAにはいくつもの誘因があるので、まったく安心と言える人はいないのではないでしょうか。

「薄毛に効く」とよく聞く噂は本当?

海藻の写真
海藻を食べても髪が生えるわけではありません。

わかめや昆布を食べると、美しい黒髪になるという噂は、大昔からあります。しかし、海藻自体に薄毛予防や発毛効果があるという根拠はありません。もちろん、栄養バランスのよい食事をとることは健康維持に寄与しますし、健康であれば髪も元気になる……という理屈は成り立つかもしれませんが。

帽子の写真
帽子やヘルメットをかぶっていても薄毛にはなりません。

蒸れやすい、不潔になりやすいという点から囁かれている説ですが、ほとんど根拠はありません。どんなに汗をかいたり汚れたとしても、その日のうちにお風呂に入れば問題はありません。帽子は紫外線ダメージを防ぐ効果があるので、髪にはメリットだってあります。

遺伝のイメージ画像
薄毛になるかどうかは遺伝します。

「DHTと受容体の結びつきやすさ」が母親から遺伝するX染色体に含まれることがわかっています。また、5α還元酵素の活性は父親からも母親からも遺伝します。この噂は本当です。薄毛は遺伝します。しかし、この遺伝子を持った子どもが必ずAGAを発症するわけではありません。
最近では、遺伝することそのものは事実だが、誘因スイッチが別にあるという説も有力となっています。2〜3代遡って薄毛の方がいないとしても、その人たちが「薄毛になる遺伝子を持っているのに発症していないだけ」ということはありえるわけです。

白髪男性の額の画像
白髪の人も薄毛になります。

白髪の方は豊かな髪を保っているイメージがありますが、きっと綺麗な白髪の方には目を奪われるので、印象に残りやすいためでしょう。白髪と薄毛には何の関係もありません。白髪が多い方でも、薄毛になります。

薄毛の知識

トピック

無料カウンセリングはこちら