植毛施術当日のご来院からご帰宅までの流れ

医師との綿密なプランニングの後、
i-direct法による自毛植毛を施術します。

ドクターによる患者様のデザインプランニングの様子の写真
デザインプランニング

最終的なデザインは医師が行います。
患者様のご希望を伺いながら、自然なヘアスタイルになるよう、植毛範囲、植毛本数、生え際の形などをお打ち合わせいたします。

モニターの頭皮の状態の写真
i-direct法なら、生え際も自然

当クリニックが採用しているi-direct法は、毛穴に方向を付けて植え込んでいきます。移植する周りの毛穴に合わせて毛流れを作ることができるから、生え際も自然で、スタイリングしやすい髪にすることができます。自在なデザインを追求したi-direct法について、詳しくはこちらをご覧ください。

ナースによる施術前準備の様子の写真
施術前準備

事前の問診、血液検査の結果をもとに、患者様の安全を考慮した最適な環境を整えます。
ご不安なく施術を受けていただくためにスタッフ一同万全の体制を整えておりますので、ご質問はどのスタッフにおたずねいただいてもかまいません。

ドクターとナースによるグラフト採取の様子の写真
グラフト採取

頭部のみの部分麻酔を行い、パンチでグラフトを採取します。麻酔が効いているため痛みはありません。
採取時はうつぶせの状態ですので、うとうととお休みになる方が多いです。

i-direct法について
ドクターの施術中の様子の写真
確かな技術で、丁寧に早く採取

直径0.8mmのパンチで、毛包組織を傷つけることなくグラフトを採取していきます。スピードと正確さが求められるため、植毛の施術を多くこなしている医師にしかできない職人技です。
当クリニックの医師の技術力について、詳しくはこちらをご覧ください。

医師による、患者様のホール作成の様子の写真
ホール作成

直径0.6mmのパンチで、移植先の穴を作成していきます。毛穴の流れも見極めながら、一つひとつ方向を付けながら穴を開けます。これも経験と技術のなせる技です。

i-direct法について
患者様が休憩を取っている様子の写真
ご希望に応じて、休憩をとることもできます。

局所麻酔のため、施術中はお話しすることもご自身で歩くこともできます。トイレに行きたい、同じ体勢できつい、喉が渇いたという場合には、お伝えください。
グラフト採取、ホール作成、インプラント(移植)の合間には、簡単に処置をして休憩をとることができます。グラフト数が多く施術が長時間におよぶ場合には、途中で軽食を召し上がっていただくこともできます(サンドイッチなどをご用意しております)。

ドクターとナースによる、インプラント(グラフト移植)の様子の写真
インプラント(移植)

移植先の穴に、インプランターという機械を使ってグラフトを植えていきます。インプラントの工程では、体勢を変えて仰向きにやや起き上がった状態になりますので、DVDやテレビをご覧いただくこともできます。

i-direct法について
ナースが患者様の術部に包帯を取り付けている様子の写真
包帯取り付け

移植したグラフトがしっかり入っているか確認し、平らになるよう調整したら、包帯で固定します。翌日には包帯を外せるほど、傷は早くふさがります。

施術が終了し、アドバイザーが患者様をお見送りしている様子の写真
ご帰宅

落ち着くまでお部屋で休んでいただき、準備が整いましたらご帰宅いただいてかまいません。
季節に合わせたニットキャップをご用意しておりますので、お帰りの際もほとんど目立ちません。

当院の施術

トピック

無料カウンセリングはこちら