メスを使わず傷が小さい植毛「i-direct法」の特徴とは

現状維持を超える結果を出す、自毛植毛。
i-direct法は極限まで傷を作らない最新の植毛方法です。

i-direct法の特徴

元気な髪を1本ずつパンチで採取し、
パンチで開けた穴に、機械で植える。

後頭部から毛髪を毛包単位でスピーディーに採取。専用機器による極細チューブで低切断率を実現。

従来用いられてきた植毛方法は、「ストリップ法」と呼ばれるものです。毛包組織を皮膚ごと面で切り出して、毛包単位に株分けした後に、メスで作った切り込みにそれを挟んで移植します。これは、採取部分に大きな傷跡が残る、施術後の痛みが大きい、狙った向きに植えることができないというデメリットがありました。

そこで開発されたのが、「FUE法」と呼ばれる方法です。パンチで採取して、パンチで作った穴に毛包組織を植えるため、傷は最小限。傷跡も痛みも少なく、自然な毛流れの再現が可能になりました。
当院では、FUE法を独自に発展させ、インプラント(植え込み)に空気圧を利用する器具を取り入れています。空気圧を利用することで、毛包組織へのダメージを最小限におさえ、施術時間も短縮されるなどのメリットがあります。

i-direct法と従来の自毛植毛の比較

当院の施術法
(i-direct法)
従来の施術法
(ストリップ法)
移植株の採取
メスを使用しないため痛みが少なく、傷痕も目立ちにくい。極細のチューブパンチで採取するため、状態の良い毛髪(2本毛・3本毛)を選ぶことができる。

直径0.8mmのパンチで組織を切って取り出します。ムラにならないよう均一に毛包組織を採取。

コメント

メスを使わないため傷跡は小さく、翌日には包帯をとれるほどに傷がふさがります。元気な毛、二本毛や三本毛などボリュームの出やすい毛だけを選ぶことができるので、植毛効果を最大にすることができます。

皮膚を帯状に切り取り、株分けをおこなう。

帯状に皮膚を切り出して、面で毛包組織を採取します。その後、毛包単位に切り分けます。

コメント

傷跡が大きいため縫合する必要があります。面で採取するので、細い毛や元気のない毛も一律に取り出すことになります。また、株分け時に、大切なドナーを傷つけてしまう可能性があります。

皮膚の縫合

メスを使用しないため
縫合はありません。

皮膚を縫い合わせるので傷痕が残る。人の手による株分けで、トリミング時に傷つけてしまう可能性がある。

皮膚を引っ張って縫合します。採取した株の数が足りない場合には、縫合を解いてもう一度切り出します。

コメント

傷跡はミミズ腫れのような状態で残ることが多く、傷の上には髪が生えません。皮膚が引っ張られることにより、お顔に違和感が生じることもあります。

移植先の作成
i-direct法による移植先の作成の様子のイラスト

直径0.6mmのパンチで移植先の穴を作ります。一つずつ方向をつけながら開けていきます。

コメント

球体である頭部の形状、元々の髪の毛の流れに合わせて角度を付けながら穴を作成するため、自然な毛流れを作ることができます。仕上がりに差がつく大切なポイントです。

ストリップ法による移植先の作成の様子のイラスト

刃先の小さなメスをを使って切り込みを入れます。

コメント

線上の切り込みになるので角度は付けにくく、生え際やつむじなどの毛の流れに、自在に合わせることはできません。

移植株の移植
0.6mmのホールに0.8mm径の株を移植

移植先の穴に、インプランターという機械を使って毛包組織を植えていきます。

コメント

移植穴がドナーよりも小さいので、しっかりと掴んで抜けにくいです。空気圧を利用するため、毛包組織を不用意に傷つけません。

メスで作った切り込みにピンセットで差し込む

切り込みに挟み込むように、ピンセットで株を植えていきます。

コメント

株が傾きやすいので、毛流れはなんとなくでしか再現されません。株をピンセットで直接掴むため、毛包組織を傷つけやすくなります。

i-direct法と従来の自毛植毛の比較

移植株の採取
従来の施術法(ストリップ法)
皮膚を帯状に切り取り、株分けをおこなう。

帯状に皮膚を切り出して、面で毛包組織を採取します。その後、毛包単位に切り分けます。

コメント

傷跡が大きいため縫合する必要があります。面で採取するので、細い毛や元気のない毛も一律に取り出すことになります。また、株分け時に、大切なドナーを傷つけてしまう可能性があります。

当院の施術法(i-direct法)
メスを使用しないため痛みがなく、傷跡も残らない。極細のチューブパンチで採取するため、状態の良い毛髪(2本毛・3本毛)を選ぶことができる

直径0.8mmのパンチで組織を切って取り出します。ムラにならないよう均一に毛包組織を採取。

コメント

メスを使わないため傷跡は小さく、翌日には包帯をとれるほどに傷がふさがります。元気な毛、二本毛や三本毛などボリュームの出やすい毛だけを選ぶことができるので、植毛効果を最大にすることができます。

皮膚の縫合
従来の施術法(ストリップ法)
皮膚を縫い合わせるので傷跡が残る。人の手による株分けでトリミング時に傷つけてしまう可能性がある。

皮膚を引っ張って縫合します。採取した株の数が足りない場合には、縫合を解いてもう一度切り出します。

コメント

傷跡はミミズ腫れのような状態で残ることが多く、傷の上には髪が生えません。皮膚が引っ張られることにより、お顔に違和感が生じることもあります。

当院の施術法(i-direct法)

メスを使用しないため縫合はありません。

移植先の作成
従来の施術法(ストリップ法)
ストリップ法による移植先の作成の様子のイラスト

刃先の小さなメスを使って切り込みを入れます。

コメント

線上の切り込みになるので角度は付けにくく、生え際やつむじなどの毛の流れに、自在に合わせることはできません。

当院の施術法(i-direct法)
i-direct法による移植先の作成の様子のイラスト

直径0.6mmのパンチで移植先の穴を作ります。一つずつ方向をつけながら開けていきます。

コメント

球体である頭部の形状、元々の髪の毛の流れに合わせて角度を付けながら穴を作成するため、自然な毛流れを作ることができます。仕上がりに差がつく大切なポイントです。

移植株の移植
従来の施術法(ストリップ法)
メスで作った切り込みにピンセットで差し込む

切り込みに挟み込むように、ピンセットで株を植えていきます。

コメント

株が傾きやすいので、毛流れはなんとなくでしか再現されません。株をピンセットで直接掴むため、毛包組織を傷つけやすくなります。

当院の施術法(i-direct法)
0.6mmのホールに0.8mm径の株を移植

移植先の穴に、インプランターという機械を使って毛包組織を植えていきます。

コメント

移植穴がドナーよりも小さいので、しっかりと掴んで抜けにくいです。機械を使うため毛包組織を効率がよく、毛包組織を不用意に傷つけません。

i-direct法は手間と時間と技術がかかります。
それを担える医師は少ないのです。

ドクターコメント

福岡院院長 葛西嘉亮の写真
アイランドタワークリニック福岡院
院長 葛西嘉亮
より確かに、美しく、負担が少ない。
それを目指し開発されたのがi-direct法です。

i-direct法は、株の採取も植え込みも作業が髪の毛単位になるため、一見非常に手間のかかる方法です。しかし、熟練の腕を持つ医師ならばスピーディーに採取できるので、ストリップ法よりも効率が良いと言えます。
パンチでの採取方法は、わずかでも手元が狂えば毛包組織を傷つける可能性はあります。しかし、当クリニックのすべての医師は、1mm以下の世界で精度を求め続けてきました。
高い技術力により、確実に施術を行えるという自信があればこそ採用しているi-direct法です。患者様の負担が少なく仕上がりの美しさを追究した当クリニックの施術方法を、心からおすすめいたします。

当院の施術

トピック

無料カウンセリングはこちら